【妊娠線クリーム】NOCOR



自然分娩出産より会陰切開後の痛みが気になるとの感想

出産されたのは何人目ですか?

一人目です。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

夜の9時くらいから陣痛が始まり、感覚が狭まるのを待っていたら朝の9時になり、
耐えられなくなって病院へ行きました。

そこからお産が進まず、結局陣痛促進剤を打ち、午後3時に出産に至りました。

本格的な陣痛からは6時間、陣痛始まりからは18時間でした。

どんな方法での出産をされましたか?

ラマーズ法なども関係ないから、と言われた産院だったので、
ラマーズ法なども特にやらない、普通分娩でした。

その出産は痛かったですか?出産方法に満足されていますか?

出産中は、夢中で、痛いよりも、早く産まなきゃ!と思っていました。

痛かったのは、力んだとき中にできた血の塊(できもの?)を切られて、
会陰切開後に縫われたときが一番痛かったです。

自然分娩で良かったと思っています。

もし次に出産するなら、無痛分娩や和痛分娩をしたいですか?

無痛分娩には少し憧れますが、おそらく普通に産むと思います。

出産の体験談をお聞かせ下さい。

illust942

出産するまでは、なかなか陣痛の時間が狭まらず、痛いのをひたすら耐えていました。

陣痛促進剤を打って、陣痛がひどくなっても、出された昼食をぺろりと平らげ、
看護師さんに驚かれていまい、少し恥ずかしかったです。

産む時には、助産師さんが、私のお腹をこれでもか!と押すので
(まるで仇のように)、死ぬー!って思いました。

中々、助産師さんと、私がいきむタイミングが合わず、
怒られたりしながら、「もう、早く終わってくれ…」とばかり思っていました。

産院の先生は男性の方で、頭が見えてから来られました。

会陰切開されましたが、その時は、「バチン、バチン」と、切る音が聞こえただけで、ちっとも痛くありませんでした。

自分にとってはものすごく長く感じられたお産でしたが、
そのあとはスルスルと出たらしく、「あー、終わった…」と脱力していると、
「おぎゃあ、おぎゃあ」と泣く声がしました。

「赤ちゃん、生きてる…生まれたんだ…」と思いましたが、想像より感動しませんでした。
何といっても、もう疲れ果ててしまっていたので、ほっとしたという方が正しい気もします。

助産師さんがてきぱきと赤ちゃんをふいたり、赤ちゃんの産声を録音したりしている間に、先生が会陰切開したところと、中にできた血の塊を切開し、もくもくと縫っていましたが、お産よりも血の塊を切開された時の方が痛かったです。

先生いわく、タイミング悪くいきみ過ぎたのだろうとのことでした。

会陰切開後、中も外も縫合が終わり、(といっても、ホチキスみたいなので、バチン、バチンとやられただけのような気がしますが)カンガルーケアさせてもらった時、初めてちゃんとわが子の顔を見て、「あー、私、本当に産んだんだなぁ」と、しみじみ思いました。

思っていたよりも小さくて、かわいくて、胸の谷間に収まるサイズでびっくりしました。

産んだ瞬間よりも、素肌にだっこした時の方が、産まれたんだという実感がわいて、感動しました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ