【妊娠線クリーム】NOCOR



帝王切開での出産体験談【2人目も帝王切開】

私が帝王切開で出産することになった経緯

 

息子は予定日を過ぎても全く産まれる兆候もなく、下りても来ませんでした。

 

でもお腹の中では日々成長しているわけで…あまり大きくなっても出産が大変なので、

 

予定日一週間過ぎた頃、強制入院をし、陣痛促進剤を打たれました。

 

陣痛もあまり来ず、軽いものだけが来るだけで、出産には至らないため

 

帝王切開で出すことになりました。

 

母子ともに健康で、特に問題なく出産は終わりました。

 

帝王切開で出産したその後

 

帝王切開はここからが大変です。

 

しばらく寝たきりで、トイレにも行けません。食事もできません。

 

そもそも傷口が痛くて、動くのも大変で起き上がったり寝返りも無理でした。

 

病院によって寝たきりの期間、断食の期間は違います。

 

息子の時は3日ほど寝たきりで、導尿パックをつけられました。

 

断食から食事も重湯から始め、ガスが出るまではずっと重湯やおかゆでした。

 

ようやく自由に動いて食事ができるようになったのは退院前の3日ほどでした。

 

2人目も帝王切開で出産

 

3年後第2子である娘を出産しましたが、一人目が帝王切開なので、

 

最初から帝王切開ということは決まっていました。

 

病院によっては、普通分娩で出産させるところもあるようですが、そういうところは少数派のようです。

 

引っ越したため、息子とは違う病院で出産しました。

 

そこでは出産翌日から起き上がる練習をし、本人が起き上がれるようであればなるべく起きて

 

トイレに行ったり歩いたりシャワー浴びたり早く出来るように促していましたので、

 

翌日からトイレにも行けたし、食事も3日目から普通に出来ました。

 

そのおかげか、産後の回復が早かったです。

 

帝王切開は産んだ後が大変ですが、友達の出産話を聞くと、陣痛の痛みや裂けちゃった痛みが酷いそうで、

 

自然分娩はちょっと怖いです。

 

もしも次があるのなら、帝王切開になってしまうと思いますが、選べるなら無痛分娩がいいです。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ