【妊娠線クリーム】NOCOR



妊娠中はよく歩いて安産になるよう心がけました

安産の為、妊娠中気をつけていた事を教えて下さい。

1)よく歩くこと。動くこと。
妊娠中だからとあまり体を大事にしすぎると、
体重が増えてしまい、難産になってしまいます。

wiiフィットなどで、気軽にウォーキングなどをして、意識的に動くことを心がけました。

2)食べ物に気を付けること。
妊娠中は、味つけの濃いものや脂っこいものが
食べたくなってしまうことがありましたが、
できるだけジャンクフードやスナック菓子などは避けました。

市販のものではなく、自分で手作りをしたものを食べるようにして、
体重が増えすぎないようにしました。

また、体に良いとされる葉酸入りのドリンクや
カルシウムの摂取できるものを積極的に取りました。

出産されたのは何人目ですか?

2人目

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

完全破水をしてしまい、外出先からそのまま病院へ向かい
入院手続きをすませて、入院。

陣痛がきてから分娩台へ乗り、2時間ほどで出産。

どんな方法での出産をされましたか?

自然分娩

出産の体験談をお聞かせ下さい。

2人目の出産ということもあり、臨月になっても遠出はしないものの、
こまめに散歩などを心がけていました。

しかし、外出先で破水をしてしまい、病院へ連絡したあと、
一緒にいた家族と車で向かいました。

まずは処置室で経緯を説明し、入院に必要なものや、今後の説明を受けて
、入院の手続きが終わったら小部屋へ案内されました。

それからは、入院着に着替え、院内を散歩したり、
ベットで休憩したりして、ただただ陣痛がくるのを待っていました。

大部屋に入ったのですが、ほかの妊婦さんはカーテンで仕切られていて、
お互い様子が分からず、とても孤独で何をしても落ち着きませんでした。

私の場合、破水から始まったので、痛みを感じずにいたのですが、
陣痛が来てからは、痛みとの我慢くらべでした。

助産師さんから分娩台へのぼっていいといわれるまでひたすら待つばかりでした。

もちろん分娩台に上がってからも、痛みとの戦いは続きましたが、
もうすぐわが子に会えると思い、痛みに耐えました。

あまりの痛みで、何度か意識を失いそうになりましたが、
陣痛から2時間ほどの安産で、わが子を胸に抱くことができました。

助産師さんが抱きかかえてきてくれたわが子は、
とても小さな体で、よく頑張ってでてきてくれたなと思いました。

本当にいとおしく思い、感慨深い瞬間でした。

そんなわが子を抱いた瞬間、それまでの痛みや辛さなど吹き飛んでしまいました。

出産前は、水中出産や無痛分娩など、できるだけ痛みがなく
産める方法に憧れるばかりでしたが、同時に自然分娩を選択してよかったと思いましたし、
次の子を出産をするときも懲りずに、そうしたいと思います。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ