【妊娠線クリーム】NOCOR



2人目を帝王切開で出産した体験談

出産されたのは何人目ですか?

2人目

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

陣痛なし

どんな方法での出産をされましたか?

予定帝王切開

安産の為、妊娠中気をつけていた事を教えて下さい。

妊娠中は、とにかくよく食べ、よく寝て無理をしないように心がけていました。
重いものを持たない、疲れたら休む、ストレスを溜めこまないようにしていました。

家の中にずっといると息がつまりそうだったので、
適度に外出して人に会い、おしゃべりして気晴らしをしていました。

一人目の出産時よりも体が動いたので、外にも出やすかったです。
汗をたくさん書いていたので、その分、脱水症状にならないように水分もたくさんとるようにしていました。

出産の体験談をお聞かせ下さい。

一人目が帝王切開で1年しか空いていないので、二人目の出産も帝王切開になりました。

帝王切開の前夜、主人が風邪で体調を崩し、
出産に立ち会う予定だったのが、とてもそれどころではなく、家で待機してもらいました。

代わりに主人の親戚に車で病院まで送ってもらいました。

帝王切開の際、全身麻酔と下半身麻酔どちらが良いかと聞かれ、
下半身麻酔の方が母体の状況が分かりやすく、
お医者さんにとっての都合が良いとのことだったので、下半身麻酔を選びました。

オペが始まってから、20分ほどで赤ちゃんの泣き声が聞こえ、
その後30分ぐらいで閉じる作業が終わり、トータル1時間で迅速に終わりました。

初めてのお産だと、なにもかもが心配で全く余裕がありませんでしたが、
二人目ともなると一連の行程が分かっていたので気持ちに余裕がありました。

出産前に主人の看病も含めてバタバタで疲れていたので、
手術の後半もうとうと眠りに落ちてしまうぐらいでした。

退院して家に帰っても主人がまだ咳をしていたので、
とても新生児を近づけることができず、主人を別の部屋に隔離して寝ていました。

帝王切開の後で、起き上がる時も手助けがほしいぐらいだったので、
身動きができずきつかったです。

家族の手助けがないと大変な出産も、家族が体調を崩すと手助けを得られないどころか、
自分のことでいっぱいいっぱいな出産なのに、病人の看護とまでなると手に負えなくなります。

妊婦本人の体調管理も大切ですが、特に出産前後は家族にも細心の注意を払ってもらう必要があるのだなと学びました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ