【妊娠線クリーム】NOCOR



長谷川潤も体験した水中出産の方法とメリットデメリット

images-2

モデルの長谷川潤さんが分娩したことでも有名になった、水中出産。

長谷川潤さんは、ハワイ在住の会社員と結婚し、長女を水中出産されました。

水中出産って海水でやるの?真水でやるの?

赤ちゃんは大丈夫なの?と色々と疑問があるかと思います。

今回は水中出産のメリット・デメリットについてご紹介します。

水中出産の方法

水中出産とは、フランスの産科医オダン博士らが考案した分娩法で、
水中で産むことにより、赤ちゃんがリラックスでき母体の陣痛も和らげることを目的に提案されました。

モデルの長谷川潤さんは、日本の病院でバスタブのような所で水中出産をしたそうです。
長谷川潤さんのお子さんは女の子。性別はずっと伏せていたため、水中出産後にご主人と「女の子だー!」と感動しあったそうですよ。

水中出産の実際は、バスタブや小さいプールのようなところに温水をため、
その中に妊婦が入って出産します。

水の温度は真水〜温水程度で熱くもなくぬるくもなくという温度です。

プールの中につかるという以外では、自然分娩と出産方法に違いはありません。

水中出産のメリット

水中出産のメリットは、まず妊婦や赤ちゃんがリラックスできるということです。

特に赤ちゃんは母体の羊水の中にずっと浮かんでいるので、
水中出産の際は重力が緩和されるため、赤ちゃんへの負担が少ないといわれています。

また、妊婦がリラックスするので産道が開きやすく、
会陰の切れも少ないといわれています。

浮力があるので自由に動き回れ、陣痛の痛みが和らぐことも大きなメリットです。

水中出産のデメリット

水中出産のデメリットは、水が汚いと感染の恐れがあることです。

そのため、徹底した感染対策が求められます。

また、必ずしもスムーズなお産になるとはわからないので、
万が一何かあった際に、的確な処置ができる病院でないと問題になります。

さらに、陣痛の初期からプールに入ると、逆に血行がよくなって出血量が増えたり、
母体の体力を消耗して陣痛が弱まるリスクもあります。

これらのことから、水中出産の管理に長けている病院を選ぶことが重要です。

しかし、全国的にみても水中出産を行なっている病院は非常に少ないです。

→水中出産など、フリースタイルで出産したみんなの体験談はこちら

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ