【妊娠線クリーム】NOCOR



無痛分娩した芸能人と出産のメリットデメリット

illust4264

最近は無痛分娩で出産する人が増えてきました。

特に無痛分娩で出産する芸能人も多くでてきていますね。

例えば、松島尚美さんの第2子出産や、タレントの千秋さん、中山美穂さんなどです。

無痛分娩といっても、本当に無痛なの?とか、赤ちゃんにリスクはない?など
興味はあっても不安が多い方がいるかもしれません。

今回は無痛分娩した芸能人と出産のメリットデメリットをご紹介します。

無痛分娩の方法とは

無痛分娩とは、大きく分けて全身麻酔と局所麻酔による分娩に分けられます。

一般的に行なわれているのは、意識がある局所麻酔を使う方法です。

これは、計画出産で行なわれ、出産予定日になると、点滴をしながら腰のところに硬膜外麻酔というものを行ないます。

この硬膜外麻酔によって、陣痛の痛みがかなり和らぎ、痛みを感じることなく出産することができるのです。

そして、点滴によって陣痛促進剤をいれながら、陣痛を起こして赤ちゃんが出てきやすくします。

その後、子宮口が10CMに開くまで、リラックスしながら待ちます。

子宮口が10CMに開くまで、陣痛の痛みに耐えながらいきむのをが我慢することが、
出産で最も大変な作業です。

ですから、この大変な作業を硬膜外麻酔によって痛みがなくなるので、無痛分娩は非常にリラックスして出産することができるのです。

無痛分娩のメリット・デメリット

無痛分娩のメリット・デメリットには以下のようなものがあります。

【無痛分娩のメリット】

・緊張しがち、初産の人でもリラックスして出産できる
・妊婦がリラックスするので、産道が開きやすく、会陰も柔らかくなるので傷ができにくい
・麻酔薬が血圧を下げるので、血圧が高い人におすすめ
・初産が難産だった方にもおすすめ

【無痛分娩のデメリット】

・麻酔を用いるので、麻酔科医が必要
・無痛分娩を取り扱っている病院が少ない
・費用が自然分娩に比べて高くなる(相場はプラス5万〜10万くらい)

無痛分娩した芸能人

無痛分娩した芸能人には、以下の人たちがいます。

・中山美穂さん
・千秋さん
・大森いずみさん
・浅田好未さん
・梅宮アンナさん
    など多数います。

まだまだ日本では「痛みを感じてこそのお産だ!」「薬を使うお産なんて自然ではない」という風潮が強いですね。

欧米では無痛分娩が一般的になっています。

無痛分娩を希望する人は、よく病院と相談して、納得できるお産にしてくださいね。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ