【妊娠線クリーム】NOCOR



帝王切開の流れと手術方法

赤ちゃんやママの状態によって、帝王切開が選択されることがあります。

できるだけ自然分娩で産みたいという気持ちはわかりますが、
赤ちゃんとママの安産のためにも、時には帝王切開が必要になるものです。

今回は、帝王切開について具体的な流れや手術方法についてご説明しましょう。

帝王切開の流れと手術方法

帝王切開には、計画帝王切開と緊急帝王切開があります。

事前にX線撮影などで骨盤が狭く赤ちゃんがでてこれないとわかっている場合や、
ママへのリスクが高すぎる場合などは、あらかじめ手術日を決めて計画帝王切開が行なわれます。

一方、自然分娩の予定であったけれども、いざ出産時に陣痛のすすみが悪く、
赤ちゃんに危険がある場合は、緊急帝王切開が行なわれます。

どちらも、最初に行なうことは局所麻酔です。
局所麻酔は、腰椎への麻酔が主に行なわれています。

麻酔がきいてきたら、お腹を切開し、赤ちゃんを取り出します。

切開の方法としては、縦切開と横切開があります。

縦切開は手術野が広くなりますが、傷跡が残りやすいという欠点があります。
横切開は、傷跡が見えにくいですが、逆に手術野が狭くなるという欠点があります。

どちらを選ぶかは、産婦人科医の判断によりますので、こちらで指定することはできません。

帝王切開で赤ちゃんを出産したら

帝王切開で赤ちゃんを出産したら、その後傷の縫合を行ないます。

傷の縫合時は、局所麻酔がきれてきて痛むこともあるので、場合によってはここで全身麻酔に切り替わる場合もあります。

完全に傷が縫合されたら、手術は終了です。

その後、部屋に戻り、回復を待ちます。

以上、帝王切開の流れと手術方法の参考にしてください。

→帝王切開で出産したママたちの体験談はこちら

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ