【妊娠線クリーム】NOCOR



無痛分娩で赤ちゃんが降りてこず緊急帝王切開になった出産体験談

帝王切開になった理由は何ですか?

 無痛分娩を予定して、出産予定日の前日から分娩準備室に入っていました。

しかし子宮口が開いてほぼ2日経過しても赤ちゃんがおりてきてくれませんでした。
これ以上時間が経過すると赤ちゃんに悪影響があるということで帝王切開に踏み切りました。

妊娠中に気をつけていた事を教えてください。

 検診の度に「これ以上太ったらだめです」と言われていたにもかかわらず、妊娠期間中はとにかく甘いものが食べたかったです。

洋菓子は糖分が多くてカロリーが高いからと一応自分なりに気にして、体によさそうと思われる和菓子(みたらし団子、草餅、塩饅頭など)をよく食べていました。

それでも太ってしまうので、スーパーへの買い物を徒歩でするなど、軽度の運動を心がけていました。

 あとは当たり前ですが断酒したことです。
妊娠中はもちろん、出産後授乳していた1歳半までのほぼ2年以上はお酒を飲みませんでした。

妊娠中に気をつけていなかった事を教えてください。

とにかく甘いものが食べたい一心でした。
妊娠期間の終盤は、和菓子も太るからだめかもしれないと思い、それに代替させようと果物をよく食べていました。

しかし、これは出産後お医者様に聞いたのですが、果物の糖分は臍帯をよく通るので赤ちゃんが大きくなってしまうそうです。これは私の情報収集不足でもっと気をつければよかったと思うところです。

帝王切開の体験談をお聞かせ下さい。

 分娩準備室に入り既に2日経過して体力が限界に達していました。
手術扱いになるので念書を書かされ少し恐怖心もありましたが、無事に赤ちゃんが生まれることを願い帝王切開に望みました。

 もともと無痛分娩を予定しており、すでに下半身は麻酔が効いている状態だったのですぐに手術に入りました。意識はあるのでお腹を切る感覚があるのに痛くないのが不思議でした。その後赤ちゃんは無事に生まれたのですが、出産後私の容態が一変しました。麻酔が効きすぎたのか、極度の寒気が襲ってきて気を失ってしまったのです。

 季節は夏で、出産前太っていたせいでずっと暑がっていた私のために、主人が病室をキンキンに冷房で冷やして待ってくれていました。しかし私のこの容態急変のせいで急遽暖房に切り替えて、寒い寒いとうなされる私を迎えてくれました。この時の私の記憶はないのですが、主人、両親ともに真夏の暑い中の暖房に耐えてくれていたそうです。

 出産後とにかく辛かったのが、なかなか退院できないことでした。普通分娩で経過良好なら5日ほどで出産できるはずが、私の場合、出産前に分娩準備室で2泊、そして帝王切開という手術のため7日の入院、ということで通常の2倍近くの日程の入院を余儀なくされました。授乳がうまくできずに助産師さんの助言を前向きに捉えられなかったり、普通分娩より長期に渡る入院期間が、私の精神にあまりいい影響を与えていなかったように覚えています。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ