【妊娠線クリーム】NOCOR



子宮外妊娠と化学流産の3回流産で手術した体験談

流産した時期を教えてください。

はっきりとした流産は、二度経験したことがあります。

最初は21歳の時に妊娠4ヶ月くらいで流産しました。

二度目は27歳の時、妊娠2ヶ月くらいで子宮外妊娠での流産と診断を受けました。

もう一つ、26歳の時に、多分化学流産だと思うことがありました。

流産の体験談とその後を教えてください。

初めての流産は21歳の誕生日のすぐ後でした。

妊娠に気づいたのは生理が遅れたことがきっかけです。検査薬で検査して、すぐに妊娠が分かりました。
その後つわりがひどく、水分も受け付けない状態。
そんな状態にもかかわらず、当時まだ未婚だった私は親にも職場にも言えず、仕事も休めずに、彼氏と病院へ行くことも先送りになっていました。

職場は体が冷えてしまうような作業もあり、重たい荷物を持つこともありましたが、やはり自然と体を気遣い、そういった仕事を極力避けるようにはしていました。

そんな中、突然のお腹の張りと痛み。生理痛のような重たい嫌な痛み。
その後すぐに出血が見られ、すぐに彼氏に連絡しました。

最初はナプキンに少しだけ付く程度の出血でしたが、だんだんと増えていき、病院に向かう途中の車の中ではおしっこが出る勢いで出血し、車のシートは血の海でした。
私は泣いて祈ることしかできず、震える体を抱え込んで、赤ちゃんの無事をひたすら願っていました。

病院の診察では、既にお腹の赤ちゃんは亡くなっているとのことで、赤ちゃんを取り出しお腹の中をきれいにする手術が行われました。
一日の入院で退院できましたが、一晩中泣いて、眠るとこができませんでした。

赤ちゃんへの申し訳ない気持ちと、お腹の中にもういないさみしさと、つわりで辛い時、妊娠を後悔したことへの悔やみ。
いろんな気持ちでいっぱいで、それからしばらくはなかなか立ち直ることができませんでした。

その後、その子の父親とは結局うまくいかなくなり別れてしまいましたが、やはりその時も、赤ちゃんには申し訳ない気持ちになりました。

それから新しい彼氏ができ、結婚して、23歳で妊娠、何事もなく無事に出産することができました。

亡くなった赤ちゃんの分も沢山愛情を注いで育てようと心に決めました。

26歳までなかなか二人目ができず、ようやく生理が遅れて検査薬で調べたら陽性。
二個入りの検査薬を買っていたので、その数日後にもう一度検査をしたらまた陽性。
そして喜んでいたのも束の間。その後すぐ生理がきました。

その時私たちは化学流産を知らなかったので、検査薬の問題だと思い、病院にも行っていません。

その一年後くらいにまた妊娠。
しかし、検査薬で陽性が出た後、病院に行く予定の数日前、お腹の痛み。少量の出血。

嫌な記憶が蘇りました。

嫌な予感。

すぐに病院に行きましたが、救急外来で安静にしていてくださいと帰され、だんだんと増える出血量とお腹の痛みにまた泣きながら祈りました。
必死に朝まで耐えて、ようやく次の日の朝一番で病院にかけこみました。
なんとなく、もうダメかもしれないという思い。

結果は子宮外妊娠。
まだ袋しか見えていませんでいしたが、お腹の中からきれいに取り出さなければならないのですぐに手術が行われました。

私も主人も、やっとできた二人目だったのですごくショックでしたが、いつまでもくよくよしてはいられないので、お腹の中が綺麗になったときは妊娠しやすいと聞いたことがあり、先生からのオッケーがでてすぐに、また子作りに専念しました。

すると本当に妊娠。

無事元気な赤ちゃんを出産。

その後年子でもう一人妊娠。

無事に出産。

今は幸せに三人の子供の子育てをしています。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ