【妊娠線クリーム】NOCOR



2回流産を経験後、3回目の妊娠でも不正出血があり自宅安静にした体験談

流産した時期を教えてください。

確か最初に流産したのが7週目でした。二回目に流産したのが5週目ちょっとです。

流産の体験談とその後を教えてください。

私が初めて妊娠そして流産したのがちょうど30歳で、7週目ちょっとの時です。まだ自分自身も若い感覚があったせいか、服装もへそ出しルックをしていたのでそれも原因の一つかと思います。

妊娠7週目の夜、いきなりお腹が下るように痛くなり(生理の時の痛みや、下痢の時の痛みに似ています)、トイレから離れる事ができませんでした。そして大量の出血をしたので急いで主人といっしょに病院へ駆けつけました。でもどうやらトイレで大量出血した時点で、お腹の子は降りてしまったようです。

それからまた一年後の秋たしか11月くらいだったともいますが、妊娠しましたが、わずか五週目でやはり同じようにお腹が下るようにいたくなり、トイレで二人目の子を流産してしまいました。その時はもうこれで流産グセが付くことを恐れてしばらくは子供を妊娠しないように数年体を休めることに決めました。

それから約4年後、三度目の妊娠をしました。その時は他また実家の父が余命三ヶ月だったので、実家に帰っており妊娠自体に気づいていませんでした。でも実家に到着後、すぐにまたお腹の痛みを感じたので、もしかしたら妊娠しているのではと思い、検査薬を試しましたが結果が確か、妊娠していると妊娠していないのとどっちとも取れる曖昧な表示が出てしまったのです。それから病院へ行ってもう一度検査をしたところやはり妊娠。しかし前回二回とも流産をしているので、妊娠発覚後からうっすらと血がでており、また流産しそうでした。それからすぐに安定期が来るまで実家の布団に一日中横たわりそれをほぼ毎日繰り返してましたね。トイレに行くもしくは病院の検査で外出以外は何にも出来ませんでした。

安定期が来た、4ヶ月目にやっと少しずつ体を動かせるようになり、出血も止まりました。そして無事に子供は生まれました。その後に出来た子は出血など一度もせず非常に健康的な子でした。

ですので、流産を二度以上経験している人はまず体を十分に休めて、妊娠が分かり次第、必ず安定期まで何にもしないで寝ていてください。ご家族や、お友達の力を借りて安定期まで乗り切ってください。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ