【妊娠線クリーム】NOCOR



1人目で看護師学生の妹が立ち会い出産をし自然分娩をした体験談

出産されたのは何人目ですか?

一人目です。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

25時間です。

予定日から10日過ぎても陣痛が来なかったので、入院して陣痛促進剤を入れてもらいました。

でも、はやり効かず…。「次の日にまた強めのをしてみましょうね」と普通の病棟に帰らされたのですが、夜「バルーンを入れて子宮口を開ける準備をしましょうね」と再び診察室へ。

再び病棟に帰り、翌日までぐっすり寝るつもりが夜中の10時半頃にジワジワと始まってしまいました。
それから、しばらくして陣痛室へ。結局生まれたのは陣痛が始まって25時間目の真夜中でした。

どんな方法での出産をされましたか?

自然分娩です。

安産の為、妊娠中気をつけていた事を教えて下さい。

体重の増えをいつも先生に指摘されていたので、パソコンの横に日付・体重・歩いた時間を書いたリストを用意し、毎日書き込んでいました。

それから、妊娠してから風疹の抗体がないことが分かり(母には小さい頃にかかったよ聞いていたので安心しきっていた)、とにかく人混みに出掛けることには気をつけていました。

もちろん、なるべくそういった場所には出掛けず、どうしてもショッピングモールやデパートに行く必要がある時は必ずマスクをして、人の少ない時間帯や曜日に出掛けていました。

自然分娩での出産の体験談をお聞かせ下さい。

今では「やっぱり立ち会えば良かった」と後悔している主人ですが、あの頃は「絶対無理!ごめん」ということで、妹が立ち会いをしました。

私は、誰が立ち会いをしても良かったですし、むしろ一人でも良かったのですが、妹が「お兄ちゃんがしないなら私が絶対経験したい!」というので快諾しました。

本来は姉妹は断っているようでしたが、出産した病院の看護学校に妹が現役で通っていたことで、特別に立ち会いの許可が下りたのです。

分娩室に移動した時には陣痛から24時間以上も経っていたので、「やっと赤ちゃんに会える」という気持ちよりも、「やっと終わる!」という方が勝っていました。

そして、先生や看護師さんに言われるまま、力一杯ふぅ〜う〜う〜う〜〜〜。1回目、2回目、3回目…「よし、もうすぐ終わる!、きっと終わる!終わってみせる〜」と息んだら、頭の上にいた妹が声を出して泣き出しました。

「あぁ、感動してくれているんだなぁ。私ももっともっと頑張ろう!」と思った次の瞬間「は〜い、生まれましたよ〜」と先生の声。
私は思わず「えっ?もう?」と言ってしまいました。

後から聞くと、妹が泣き出したあの時こそ、赤ちゃんが出てきた瞬間だったようです。
私は分娩室でも長期戦の戦いが待っているものだと勝手に思い込んでいたので、まさか3回息んだだけで生まれるなんて、驚きでした。

付き添ってくれていた主人、主人の両親、私の母も、私が分娩室に行ったのを見届けた後、「まだまだかかるはず」と安心しきって、少し離れた所でみんなでお弁当を食べていたらしく…。

後日、「看護師さんに呼ばれた時、まだ半分も食べてなかったんよ〜」と母がちょっぴり残念そうに言っていたのが忘れられません。

→自然分娩の出産体験談はこちら

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ