【妊娠線クリーム】NOCOR



胎児が大きく大量出血で輸血のリスクがありながら出産した体験談

出産されたのは何人目ですか?

2人目です。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

12時間以上かかりました。

どんな方法での出産をされましたか?

自然分娩です。

安産の為、妊娠中気をつけていた事を教えて下さい。

私の貧血かひどく一人目の子が低体重児だったため、できるだけ鉄分を取るように気をつけていました。

仕事もしていたので、負担のかからないシフトにしてもらいお腹の張りにも気をつけ適度な休憩・ストレスのない生活を送れるように周囲の方にも協力していただき、また運動不足にならないように、体調がいい日には進んで体を動かしたりできる仕事は率先してやるようにしていました。

産前休暇に入ってからは気候、体調にあわせ上の子と散歩をしたり股関節をやわらかくする体操をしていました。

出産の体験談をお聞かせ下さい。

一人目と比べて予想体重がはるかに大きく、このまま育てば出産時母子ともに負担がかかりすぎるということで、陣痛促進剤をつかい早めに出産することを頭にいれとくように言われました。適度な運動を心がけるようにし、体重の変化にも気をつけるようにしました。

陣痛が始まったのは夜の8時ごろ、仕事から帰ってくる主人を待ち病院へ。私の家から産婦人科まで車で30分。揺られながら陣痛に耐え病院につき診察するとまだ子宮が開いてないと言われました。

このまま病院にいてもいつ産まれるかわからないので自宅待機してください。とのことだったので30分かけて自宅に戻りました。往復1時間揺られさらに陣痛はひどくなるいっぽうでした。

お腹の痛みに耐え眠りにつこうとしても10分~15分間隔でやってくる陣痛に苦しみ、寝ることができませんでした。

となりで寝ていた主人がみかねて、病院に連れて行ってくれましたが、病院までの道のり30分はさらにつらい陣痛との戦いで、、、病院についてまた診察。「車に揺られて子宮も開いてきたから、一回帰ってよかったね。」と冗談まじりで話す先生の言葉も耳にはいりませんでした。

よく「2人目は産道が開いてるから出産からくよ。」と聞きますが、私の場合一人目が低体重児で次の子が大きかったため、なかなか産まれてきませんでした。

いざ赤ちゃんの頭がでてくると一人目の時大量出血で輸血をするかしないかのところだったということもあり、「先生がまだ出してはだめ」と赤ちゃんの頭を押し戻していました。

今度大量出血なら間違いなく輸血をしないといけないけれど、それだけは避けてあげたいという先生の優しさでした。

先生と助産師さん、看護士さんに付き添われやっと出産のOKがでて、大きな赤ちゃんを出産しました。出産してからも出血量をおさえるため止血にも時間をかけ出産は無事終了しました。

→リスクがありながら出産した体験談はこちら

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ