【妊娠線クリーム】NOCOR



朝食をパンではなくご飯にして初産でも6時間の安産で出産

何人目の出産で、出産時間はどれくらいかかりましたか?

1人目の出産で、最初の陣痛から約6時間半で出産しました。

妊娠中の食事の内容を教えてください。

朝食は必ずとり、1日3食必ず食べていました。
朝食は基本的にパンではなく米が主食でした。毎日見栄えしないメニューでしたが、バナナ、ごはん、味噌汁、卵料理一品、ウインナー、ごはんのお供(鮭フレークやなめたけなど)が基本メニューです。

仕事をしていたため、昼食は基本的に外食でした。昼食だけはあまり気をつかわず、とにかく食べたいものを沢山食べていました。時にはデザートなどの甘いものやコーヒーをご褒美として買うこともありました。

産休に入ってからは、お腹が大きくなっていたため、台所に長時間立っているのが大変だったので焼きそばやうどん、そうめん、パスタなど、簡単に作れる麺類を多く食べていました。調子が良ければグラタンやリゾットなどちょっと手の込んだおいしいものを食べていました。

夕飯も米が主食でした。主菜、副菜2品くらいを目安に作っていました。料理の素などをうまく使って短時間で料理できるものを作っていました。また、主人がお酒を飲むことが好きなため、月に何回か外食をしていました。

焼き鳥屋や鉄板焼き屋、居酒屋等が多かったので、外食の時は昼食同様あまり栄養バランス等は気にせず、食べたいものを食べたいだけ食べていました。

私の場合つわりは1ヶ月くらい続いたのですが、基本的にいちごやバナナなどの果物、冷たいおにぎり、お稲荷さんをかなり少量ずつ食べていました。お菓子やチキンを無性に食べたくなることが多く、そんな時はとにかく食べれるものならなんでも良いといった感じで、食べれそうなものは口にするようにしていました。

その他安産のために行っていたことを教えてください。

切迫早産気味で2週間ほど自宅安静を指示されていたため、、臨月に入ってからは体力をとりもどすためにも1日1時間以上ウォーキングをしていました。毎日同じコースだと飽きてしまうので、極力いつも違うルートや目的地を設定していました。早歩きだと疲れてしまうので、比較的ゆっくりお散歩のように歩いていましたが、予定日を過ぎてからは極力早足で歩いていました。

家にいる間は股関節を柔らかくするストレッチを常に行っていました。我が家は床生活なので、テレビを見ながらストレッチをし、座っている時は基本的にあぐらをかくという生活をしていました。出産後訪問指導の際に、床生活は立ったり座ったりも一苦労だし、安産に一役かっていた可能性が高いと言われました。

また、臨月に入ってから安産に効くというツボを押していました。上記のようなストレッチをしているときに押すようにしていたら毎日続けることができました。

あとはとにかく体を冷やさないように暖かい服装、身体を温める食事や飲み物を摂取するよう心がけていました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ