【妊娠線クリーム】NOCOR



妊娠中は手作りホームベーカリーのパンの食事で安産に

何人目の出産で、出産時間はどれくらいかかりましたか?

1人目は陣痛から10時間で出産、2人目は陣痛から2時間で出産。

妊娠中の食事の内容を教えてください。

1人目のときは初めてなので母子手帳をもらったときについていたパンフレットに割と忠実に食べていました。
野菜も多めにとっていました。

特に塩分には気をつけて、減塩醤油や減塩みそなどを使っていました。それとケチャップやマヨネーズではなくポン酢で味付けをしていました。

朝はパンを食べていたのですが、パンは意外と塩分が多いので、ホームベーカリーを購入して自分で材料を調節して作って食べていました。

パンには卵をポン酢で和えたものを挟んだり、自家製のイチゴジャムやリンゴジャムなどをつけて食べていました。

おやつは手作りの野菜チップスや蒸しパン、市販のヨーグルトなどでした。
特に便秘に悩まされていたので、バナナも毎日1本食べていました。

スーパーなので食品を買うときも塩分は気にして選んでいました。ナトリウムの多いものは避けていた記憶があります。
それでもたまにはしょっぱいものも食べたいのでそういうものを食べたときにはカリウムの多く含んでいるもの、
例えばバナナやリンゴなどを摂取するようにしていました。

2人目のときは少し大ざっぱになってきて、塩分を減らすとはではなく、一人前の3分の2を食べるなどして調節していました。
体重増加が怖かったので量はそれほど食べなかったです。
時々スナック菓子を食べたくなったので、食べてしまったときはその日の晩ご飯を半分にするなどして調整していました。

1人目の時も2人目のときも10kg増でおさめることができました。

その他安産のために行っていたことを教えてください。

まず安産祈願に行きました。
これで安心と思っておきたかったためです。

そしてわたしの出産した病院はソフロロジーを取り入れており、出産まで病院で借りたソフロロジーのCDを毎晩聞いていました。

そのソフロロジーのCDは母子ともにリラックスして苦しくなく出産に臨めるようにもっていくためのもので、
呼吸も陣痛がきたらフーとはいて力を抜き、痛みを逃す方法です。
主人が仕事でなかなか来られなかったのですが、このおかげで1人で陣痛に耐えることができました。

出産のときもそのソフロロジーの音楽が流れ、おかげで出産時もパニックになることなく落ち着いて迎えることができました。
無理に力を入れたりいきんだりしなかったせいか、会陰も裂けることなく産後の体調も順調に回復しました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ