【妊娠線クリーム】NOCOR



40代の高齢出産で妊娠中の食事を和食にし、安産で出産!

何人目の出産で、出産時間はどれくらいかかりましたか?

1人目(初産)です。
出産時間は陣痛が始まってから9時間10分でした。

妊娠中の食事の内容を教えてください。

39歳で妊娠、40歳での出産でしたので、食事は特に気を使いました。
主人が洋食より断然和食好みでお魚が好きなので、自然と和食中心になっていました。

ご参考までにある1日の献立は

朝:ご飯、お味噌汁(具たくさん)、納豆
昼:わかめうどん
おやつ:焼き芋
夜:ご飯、お味噌汁(具たくさん)、鯖の塩焼き、ひじきの煮物、ほうれんそうのお浸し、卵焼き

以上のような日は模範的な内容ですが、週に2~3回くらいだったと思います。
あとは結構適当です。

時々は冷凍餃子を食べたり、ケーキ食べたり、ファーストフード系も食べました。
ですが3~4日に1度とか、ファストフードは妊娠期間中は2~3回くらいだったでしょうか。

血圧が上がるのが心配だったので毎日計測していたのですが、運動量が一定で、食事の変化で結構顕著に出ます。
出産後しばらくは落ち着いてレストランへ行けないだろうと、1度フランス料理のコース(ランチなので軽めですが)
へ行ったのですが、次の日一気に血圧が上がり、病院で注意を受けました。

以来、塩分は控えめを心がけるように。
納豆はタレなし。
お刺身はわさびちょっとだけ。
焼肉はレモン汁だけ。
麺類やお味噌汁の汁は飲まない。

と、徹底しました。
これはもともとサラダにもドレッシングをかけないし、薄味好みだったため、苦ではなかったのですが(納豆は今でもタレも醤油もなしです)
普通の人はきついかもしれません。ですが、その後おかげで血圧の数値も安定していました。

甘いものも、中毒のようにやめられなくなりました。

ちょうどサツマイモのおいしい季節だったので、サツマイモには助けられました!
ただ茹でるだけで甘くておいしいので、手軽だしお腹いっぱいになるし、いくら食べても罪悪感がありません。
サツマイモとかぼちゃは産後の授乳時期でも安心して食べられるので常備しています。

その他安産のために行っていたことを教えてください。

病院で定期的に行われているマタニティビクスへ通いました。
月に2回くらいでした。数は少ないと思います。
助産師さんいわく、本当は毎日行ったほうがいいとのこと。

なので、情報交換と、自宅で軽くストレッチする方法を学ぶためのものでした。
自宅ではそういった特別な運動はせず、家事で動き回るだけでした。
足のストレッチはよく行いました。(足のむくみ解消や負担の軽減のため)

混雑していないところでのんびりウィンドーショッピングしたり、カフェでのんびりするのは、気分転換にも
なり良かったと思います。

散歩を毎日かかさずしていました。
毎日の買い物も、近所で済ませず、片道20分のところをゆっくり30分以上かけたり。

会社の関係で出産と同時に引越しをするという事態になり、8ヶ月くらいのときに物件周りをしました。
動き回りすぎるとヘソの尾が首にまいたり、逆子になってしまう危険性があるので、なるべく車移動をし、
疲れると無理せずすぐに休むようにしました。
気をつけながら動き回ったせいか、予定日より早くの出産でしたが、胎児の体重もちょうど良く、結果安産でした。

妊娠中に国内ですが飛行機で旅行もしましたし、徹夜で内職なんかもしてみたり。
常に体に気をつけることは大切ですが、特別ストイックになる必要もなく、特別な状況を楽しむことが一番かと思います。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ