【妊娠線クリーム】NOCOR



つわり中にポテトが食べたくなったが耐えた妊娠中の食事

何人目の出産で、出産時間はどれくらいかかりましたか?

・1人目
・15分

妊娠中の食事の内容を教えてください。

つわりの時期が長く、とにかく食べられる物は何でも食べようと思っていたので、この時期は特に何も気を付けていませんでした。と言っても、殆ど何も食べたくない状態だったので、うどんや雑炊などを食べて過ごしていました。

つわりの時期が終わると、無性に「ポテト」が食べたくなりよく買いに行って食べていました。
9〜10ヶ月頃になると1週間に1kg以上体重が増えてきて、栄養士さんにも注意を受けていたので(この時期の体重増加は赤ちゃんの成長によるものではなく、母親の体重が増加してきていると判断される為)揚げ物など脂っこい食事は控えるようにしていました。

その他は、牛乳をよく飲む様に気を付けていました。コーヒー、紅茶は飲まないようにしていました。

その他安産のために行っていたことを教えてください。

安産だった周りの友人に、妊娠中どんな事をしていたかと聞くと、共通していたのが「歩く」という事だったので、とにかく私も8ヶ月頃から毎日1時間歩いていました。8ヶ月迄は仕事をしており、毎日立ったり座ったり、ちょこちょこ動く程度でした。歩くと言っても、お腹が大きいのでゆっくり一歩一歩でしたが、1時間ぐらいお腹の様子を見ながら(お腹が張るようであれば時間を少なくする)歩いていました。

その他は「マタニティーヨガ」を毎日やっていました。軽い運動と呼吸法の練習をして陣痛時の痛みの逃し方や、気持ちを落ち着けるイメージトレーニングをしていました。

また「トコちゃんベルト」という骨盤に巻くベルトを毎日使っていました。歩く時にも巻いて、仕事中も巻いていました。このベルトは赤ちゃんが産道から出てきやすいように骨盤のゆがみを矯正するものです。圧迫するものではないので、お腹の張りなどがなければ1日中巻いて産後も使っていました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ