【妊娠線クリーム】NOCOR



つわりが落ち着いたら白米メインの食事で10時間で出産

何人目の出産で、出産時間はどれくらいかかりましたか?

1人目出産、出産時間は10時間でした。

妊娠中の食事の内容を教えてください。

つわりがひどい時は、食べられる物だけ食べていました。
良く食べていたのは、ところてんや、お漬け物などのさっぱりした物。

また、食べ悪阻だったので、少しでも空腹を感じるのが恐怖で、職場では、デスクの上に常にお菓子やパンをスタンバイさせていました。
ただ、何を食べても美味しいとは思えなかったです。

つわりが落ち着いた頃には、白米がとても美味しく感じ、白米メインに食べてました。
果物も食べたくなり、イチゴや林檎、キウイなどを食べていました。

また、納豆やレバー、レーズンなども積極的に食べていました。
もともと貧血気味だった為、貧血には気をつけてました。

食べ悪阻の時の間食がなかなか直せず、お菓子は妊娠後期もずっと食べてしまいました。
お菓子のおかげが、体重は順調に増えてしまったのが反省点です。

安産のために行ったこと

安産の為に!という訳では無かったですが、仕事をしていたので、毎日通勤で片道30分近く歩いたり、産休に入った頃には赤ちゃんグッズを求めてお買い物に良く出かけていました。

妊娠中のトラブルも特に無かったのと、出産が夏だった事、同じ時期に引っ越しをした事もあり、割とアクティブに動いていた妊娠期間だったかと思います。

ただ、体重管理が悪かったので妊娠前から16㎏太ってしまい、予定日から10日ほど遅れての出産でした。
きっと赤ちゃんも産道が狭かったのかと思われます…。

今は2人目妊娠中です。上の子のお世話があるので、1人目以上に動き回っています!

体重管理と、後半、体が重いですが、頑張って動く事が、産後の体力づくりにもなって良いのかなと思います。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ