【妊娠線クリーム】NOCOR



食べつわりでガリガリ君を毎日食べて乗り切りました

何人目の出産で、出産時間はどれくらいかかりましたか?

第一子の出産
出産時間 7時間45分

妊娠中の食事の内容を教えてください。

妊娠3,4ヶ月目はつわりで苦しんでいたので、とにかく食べられる物を食べる、といった感じでした。

仕事をしており、お腹が空くとより気持ち悪くなってしまうので、デスクの上にはカロリーメイト・コンビニおにぎり(梅)・カットりんごを置いておき、毎日すぐに食べられるようにしていました。

またガリガリ君ソーダ味を食べると少しだけサッパリするので、箱入りを買って朝昼晩と一日3本食べていました・・・。

安定期に入ると、食欲も少し戻ってきていたので、ひじきの煮物やほうれん草の胡麻和えをよく食べていました。

大き目の製氷トレーで冷凍しておくと、お弁当にも入れられるので便利でした。ビタミン・鉄分をできるだけとるように心がけたつもりでしたが、8ヶ月を過ぎたところで貧血で鉄剤を出されてしまいました。

安産のために行ったことを1つ挙げて詳しく教えてください。

安産のために行っていたことは、やはりウォーキングです。

妊娠発覚からつわりが始まるまでの間は、会社のお昼休みを使って、あたりをウォーキングしていました。
歩くことで下半身の血流がよくなり、ポカポカして気持ちよかったです。

私の場合は冷え性なので、体を動かして温めてあげることが初期流産の予防にもなっていたように思います。

妊娠中期から後期にかけてはお腹も重くなり、赤ちゃんが大きくなったことで胃も圧迫されていたので、なかなか以前のようにウォーキングに行くことは少なくなっていました。ですがお医者さまからも、「できるだけ一日2時間歩くこと」と指示を出されていたので、可能な範囲で続けていました。ウォーキングというより、散歩に近かったかもしれません。

特に臨月に入ってからはいつ破水や陣痛が起こるか分かりませんので、ぶっつづけで2時間歩くのではなく、午前中に1時間、夕方に1時間と2回に分けて、できるだけ家の遠くには行かないようにしていました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ