【妊娠線クリーム】NOCOR



妊娠中は大豆入りグラノーラやアサイーヨーグルトを食べてました

何人目の出産で、出産時間はどれくらいかかりましたか?

1人目の出産で12時間かかりました。

妊娠中の食事の内容を教えてください。

積極的に摂取した方がいいと言われていた大豆は毎日毎食摂取していました。
毎朝食べていたグラノーラは大豆がたっぷり入ったグラノーラに変えて牛乳も豆乳に変更しました。

それから納豆も必ず1日1回は食べてました。小腹がすいた時のおやつに食べていたくらいです。
妊娠中期から便秘になってしまったので青汁も1日1回飲んでいました。

野菜が嫌いで食事で摂取するのが大変だったので青汁は必要な野菜も摂取できてちょうどよかったです。

妊娠後期には貧血になってしまったので、後期からはレバーも食べるようにしていました。
レバーはあまり好きではありませんでしたがレバニラならなんとか食べれられたので、週に2回は食べていました。

鉄分や多く含まれているアサイーも積極的に飲んだりヨーグルトに入れたりしてとるようにいました。

安産のために行ったことを1つ挙げて詳しく教えてください。

毎日欠かさずストレッチをしました。
スポーツをずっとやっていたので体を動かすのは苦手ではないのですが柔軟性がなく体の硬さに驚かれることがよくあります。

分娩台に上がってから体の硬い私にとって苦しい体勢の状態が数時間も続くわけです。
これはなんとかしなければと思い、妊娠してから毎晩ストレッチをするようにしていました。

お腹が大きくなってからは思うようにできませんでしたが、病院でもらったしおりに載っていたマッサージや簡単なストレッチは継続して続けたので、分娩台での長時間の同じ体勢に耐えられました。

ストレッチをしていたことで血流の流れがよくなっていたのか普段むくみやすい体質だったのですが、妊娠中はむくんだりしなかったので一石二鳥でした。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ