【妊娠線クリーム】NOCOR



甘い菓子と果物をやめ、ウォーキングで2時間で出産した体験談

出産した病院を教えてください。

病院名:青森県立中央病院
住所: 〒030-8553 青森県青森市東造道2丁目1-1  
電話番号:017-726-8220
サイト:http://aomori-kenbyo.jp/shinryo/tokute/sanfuji

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

妊娠8カ月まで1日4時間の検品のパートをしていました。その他家ではは主に家事と産まれてくる赤ちゃんの為に産着や服を作っていました。あまり無理せず、のんびりゆったり過ごすように心がけて過ごしました。

赤ちゃんの為に服を作っていると無心になり、赤ちゃんが産まれた時のことを想像すると暖かい穏やかな気持ちになりました。妊娠9カ月を過ぎたころからは実家で過ごしていましたが、する事がなかったので毎日2時間のウォーキングをしました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

1時間おきくらいの軽い陣痛は出産の4時間前から始まりましたが、本格的な陣痛は出産の2時間前くらいから始まりました。

出産の体験談をお聞かせ下さい。

妊娠後、食べづわりに悩まされて、食べ続けたせいで妊娠8カ月頃には20キロも体重が増えてしまいました。産婦人科の先生に検診の度に注意されましたが、食べることは辞められず、尿糖、尿たんぱくがプラスになってしまいました。

先生にも「妊娠中毒症直前だ。」と強めに注意され、どうにかしなければいけないと目が覚めました。

食事の量は変えず、甘いものと果物をやめました。そして、里帰り出産の為に妊娠9カ月を過ぎたころ実家に戻ったのですが、やる事もなかったし、産婦人科でも「いつ産まれても良い時期なので、歩いたり運動をして下さい。」と言われたので、実家から歩いて1時間の場所にあるコンビニまで歩くことを毎日の日課にしました。

出産当日の朝、お腹に軽い痛みがありましたが、痛みが続く事はありませんでした。母が「病院まで距離があるから、一応病院に行こう。」と言うので、病院に行くと「まだ産まれないので家に帰っても大丈夫ですよ。」と先生に言われましたが、母が「不安なので入院させてください。」言うので、1日だけ入院して産まれなかったら明日家に帰る事にしました。

病室で入院の準備をしていると不規則な軽い痛みがあり、次第に痛みが強くなり、看護師さんを呼ぶと、看護師は慌てて分娩室に連れていきました。

激しい陣痛が起きて2時間後出産でしたが、私はまさかこんなに早く終わると思っていなかったので看護師さんに「もう終わりですか?」と聞いてしまいました。

後から医者がきて「ごめんね。車で産ませるとこだったね。初産でこんなに早く産まれる人いないもの。」と謝られました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ