【妊娠線クリーム】NOCOR



子宮口が7cm〜全開までが最も陣痛がキツかったです

出産した病院を教えてください。

病院名:横浜市立市民病院
住所:横浜市保土ヶ谷区岡沢町56   
電話番号:045-331-1961
サイト:http://yokohama-shiminhosp.jp/

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

1日の生活は、朝は7時におきて、軽くマタニティヨガをしてから、主人のお弁当と朝食作り。週に2、3回は10時から14時まで飲食店でのアルバイト。アルバイトがない日は散歩や買い物など。

夜はテレビや本を読んだりをひかえてお風呂にゆっくり入った後、10時までに就寝。食事は和食を中心にして間食はナッツやドライフルーツをつまんでいました。とにかく体を毎日動かして、食事に気を付けつつ、体重が増えないように気を付けていました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

6時間。

出産の体験談をお聞かせ下さい。

予定日の2日前におしるしの様なうっすらとした血が下着についていて、もうそろそろかもという予感とともに、たまに生理痛のような痛みがありました。

予定日の次の日の10時くらいに陣痛のような痛みがあり、自宅で待機。12時くらいに陣痛の間隔が近くなってきたので、主人の車で病院へ。

病院について内診をうけたら子宮口が3cmくらい開いていました。
陣痛がどんどん強くなってきたので、主人に背中をさすってもらいながら痛みをこらえていました。

陣痛は強くなったり、弱くなったりをくりかえしていて、陣痛の間はお茶をのんだり、カロリーメイトを食べたりしていました。

子宮口が7cmくらいがもっとも辛くて、もういきんでしまいたいのに、まだまだ子宮口が全開でないからいきんではダメと助産師さんから言われて、妊婦さんの雑誌で読んで用意していたテニスボールを主人にお尻にあててもらいながら、なんとかいきみたいのを我慢していました。

朝方に、では分娩室にいきましょう。と歩いて分娩室へ。そこからは一気にいきんで、途中一度頭がつかえたけど、いい陣痛がきてそこから何回かいきんだらつるりとうまれました。
大変だったのだけど、先生からは安産ですね。といわれました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ