【妊娠線クリーム】NOCOR



KUBOクリニックで分娩台にあがり20分で生まれた体験談

出産した病院を教えてください。

病院名:KUBOクリニック
住所:花巻市御田屋町1-69   
電話番号:0198-21-103
サイト:http://www.kuboclinic.jp/

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

妊娠初期に切迫流産で入院したり自宅安静にしていたので、臨月まで無理をしないように過ごしていました。

とはいっても、日々の家事は普通にこなしていました。遠出の外出は避け、唯一の楽しみは友人とランチに行くことくらいでした。たまには外に出て、なんでも打ち明けれる友人とおいしいランチを食べながら語るのがとても楽しかったです。

また、近所にちょうど同じくらいの妊婦がいたことから仲良くなり、赤ちゃんの生まれる楽しみを話したりしていました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

陣痛に気づいてから約2時間

出産の体験談をお聞かせ下さい。

予定日より10日早い出産でした。出産当日、朝方4時ころ尿意と便意を催し起床。

便座に座ってもなかなか出ず、それでもお腹が下るような痛さでした。布団に戻ってまた寝ようとしても、お腹が下るような便意を催す痛みが消えず、何度かトイレと布団を行ったり来たりしていました。

しかし、これはもしかして陣痛なのかも?と思ったころにはすでにその感覚は10分弱でした。5時半頃に夫を起こし、病院へ連絡したところすぐに来るように言われ、病院へ向かいました。

車内では陣痛が強く感覚も5分弱となり、車内で生まれるかもしれないと言わんばかりの痛さと焦りでした。
お願いだからもっと安全運転でとか車動かさないでなど無茶なお願いを夫に投げつけました。

ようやく病院に就いたのが6時ころ。
すぐに分娩室に入りました。すると、同じ分娩室にすでにもう一人の妊婦さんがお産中でした。

私の分娩台がまだちゃんと準備できておらず、看護師さんたちも焦っていた様子。そんなことはお構いなしに、私の陣痛は間隔がほとんどなく、ちゃんと分娩台の準備もできないままいきんでいました。

捕まるところがなく、何かに捕まりたい一心で触れたものが、なんと看護師さんの頭でした。

たまたま私の分娩台の準備でかがんでいたようで、ちょうどいいところに看護師さんの頭があったので、頭を思い切り掴み、いきみました。看護師さんには「痛い痛い!放して!!」と悲鳴を上げられました。

そうこうしてるうちにすぐに赤ちゃんが生まれました。
分娩台に上がってから約20分でした。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ