【妊娠線クリーム】NOCOR



広島県福山市小池病院で出産した体験談

出産した病院を教えてください。

病院名:小池病院
住所:広島県福山市明治町10-5    
電話番号:084-932-3511
サイト:http://koike-byoin.com/

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

初めての妊娠でしたが、楽観的な性格のため「なるようになるさ」という考えで、通常と変わらない生活をしていました。

妊娠期に読む情報誌などはたくさんありますが、情報がありすぎてどれが正解かもわからないし、かかっていた産婦人科の先生の指導と母親学級で得る知識以外の情報は特に気にしませんでした。ただ、安産だった友人に言われて臨月に入る前からウォーキングだけはこまめにしていました。だいたい毎日1時間程度ですが、7か月ごろから天気の悪い日以外は歩くようにしていました。

小池病院で陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

今から思えばあれが陣痛だった、と思うほど弱い陣痛に気づいてから出産までちょうど12時間かかりました。はっきりと陣痛だと感じてからは10時間くらいでしょうか。

小池病院での出産の体験談をお聞かせ下さい。

最初は腰痛かと思っていた痛みが次第に強くなっていき、陣痛がきたと気づきました。
1時間ほど家で陣痛に耐えましたが、初産だったこともあり10分間隔になった時点で病院へ駆け込みました。
夜中の1時頃でした。その時点では子宮口はまだ4㎝弱ほどしか開いていませんでした。

家を出るときには陣痛が約8分ほどできていたので、子宮口もさっさと開くかと思いきや、そこから陣痛感覚は12分ほどにのびてしまい、1時間たてども2時間たてどもなかなか子宮口は開いていかず、もだえ苦しむ時間が続きました。
明け方5時ごろまでは、あまり声もない、というより出さずともなんとか耐えられるほどの痛みでした。

しかし明け方を過ぎると、徐々に陣痛間隔は短く、痛みは強くなってきます。
それでも朝7時でようやく7㎝ほど。

朝食は食べたいと思えるような状態ではなく、この時間帯はひたすら唸り、陣痛の合間には泣き言を言い始めていました。
眠いし、疲れているのに、子宮口はスムーズに開いていかないし、痛すぎて涙も出せないけど泣きたかったです。

9時半ごろに子宮口が9㎝に達し、先生の手で破水が行われました。
すると俄然陣痛が強くなり、あっという間に10㎝へ。

この頃に会陰切開もありました。
みなさん、会陰切開は陣痛で気づかないなんて言われますが、しっかりわかりましたし、陣痛とダブルで痛かったです。

いきんでいいよ!と言われてからは5分もかからないうちに出産が終わりました。

あまりに一瞬で終わったため、私の苦しみ様を見て、先生が赤ちゃんを引っ張り出した(吸引)のだと思っていましたが、実際には何もされておらず、ただただ安産だったということでした。
以上です。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ