【妊娠線クリーム】NOCOR



横浜市昭和大学北部病院で出産した体験談

出産した病院を教えてください。

病院名:昭和大学北部病院
住所: 神奈川県横浜市 都筑区茅ケ崎中央35−1   
電話番号:045-949-7000
サイト:http://www.showa-u.ac.jp/SUHY/

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

妊娠中、臨月直前まで仕事は変わりなく続けられましたが、妊娠初期はつわりが結構あり寝込む事が多かったです。
安定期に入った7ヶ月目にやっと体調も落ち着いて過ごせるようになってきました。
その頃に近場で旅行も行けました。
8ヶ月後半に差し掛かった時、後期づわりが来ました。

息苦しさ、吐き気、嘔吐、めまいを起こすことが頻繁になりその頃から仕事は半休取る日が多く、出掛けられる範囲も狭くなってきました。
臨月に入る頃、仕事も退職しお腹が降りてくると体調も今までにないくらい調子良く過ごすことが出来ました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

7時間45分

出産の体験談をお聞かせ下さい。

夜中2時過ぎから陣痛が始まりました。
最初は軽い腹痛でガスが溜まって苦しい時の様な痛みで、ガスが溜まって苦しいなとしか思っていませんでした。
それが陣痛だと思っていませんでした。

そこから4時位には痛さで動けなくなるくらいの痛みが30秒程続き治まると、10分間隔でまた痛みが来る状態でした。
その時点でこれが陣痛かもと思い、病院に連絡をしました。

病院への連絡もこれがもし陣痛じゃなくて、病院に行って家に戻されたらどうしようなどと考えながら恐る恐る電話をしました。
連絡すると「出産になると思うから、病院にすぐ来てください」と言われその言葉にホッとする時間もなくタクシーで病院へ向かいました。

タクシーの中でも何度も痛みが押し寄せてきて、座っていてもうずくまらないと我慢できない痛みが来ていました。
5時に病院へ到着すると早朝で入り口がいつもの場所と違い、わかりづらく病棟まで向かうのも陣痛が襲って来ると歩けなくなるので時間がかかり辛かったです。

やっとの思いでマタニティーハウスに到着し、助産師さんの触診で子宮口が半分開いていました。
陣痛から分娩まで同じ部屋で出産できるLDRの産婦人科でした。

部屋も広く、分娩台に座り好きなクラシックの音楽を流してもらいそこで初めてホッとしました。
助産師の方に「取り敢えずリラックスすることだけに集中してくださいね」と言われ、私もその言葉で深呼吸だけに意識を向けました。

主人は仕事ですぐには病院に来ることが出来ず、8時には病院に着き陣痛の時を一緒に過ごしてくれました。
下痢の時のような痛みで、それを出さないようにするのを我慢するという時間が長く続き、9時前には子宮口全開になりました。
分娩台になった時に私自身、立会分娩を希望しなかったので主人には退出してもらいました。

主人が部屋を出た瞬間に破水をし、いきみを開始しました。
いきみも初めてするものでしたが、すぐコツが分かりそこまで辛さは感じませんでした。
そこから1時間もしないうちにスムーズに赤ちゃんが出てきてくれました。

出産後も2時間分娩台で過ごしその後、すぐ病室まで歩かされました。
自立歩行も問題なく経過も良好で初産で色々と心配でしたがとても安産で良かったと感じるお産でした。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ