【妊娠線クリーム】NOCOR



名古屋掖済会病院で出産した体験談

出産した病院を教えてください。

病院名:名古屋掖済会病院
住所: 愛知県名古屋市中川区松年町4-66  
電話番号:052-652-7711
サイト:http://www.nagoya-ekisaikaihosp.jp/?page_id=18

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

出産予定日の6週間前に産前休みに入りました。

それまではフルタイムの事務としてカレンダー通りに勤務していました。
つわりもさほどひどい方ではなかったので家事も問題なくこなせました。
主人も積極的に家事を手伝ってくれていましたので辛いときには任せれたのも助かりました。

たまに出勤中にめまいを起こすことがあったのですが、妊娠中の通勤ラッシュを避けるために早めの電車に乗っていたので座って休んでやり過ごしていました。
日常生活に支障が出るほどの変化は特になかったので、妊娠生活も楽しめました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

前駆陣痛は生まれる20時間前くらいからありましたが本陣痛が来てからは4時間で出産しました。

名古屋掖済会病院での出産の体験談をお聞かせ下さい。

出産前々日までとても元気で、朝から友人とcafeに行ってパフェを食べたり、夜は家族とお好み焼き屋さんに行ったりと食欲旺盛な1日を過ごしていました。

そんな過ごし方をした翌日の深夜に腹痛で目が覚めました。お腹を壊したかな、と思いトイレに行くとおしるしが。
これは陣痛かもしれないと思い陣痛アプリを起動して間隔を計ることに。

間隔は5分で来ることもあれば30分以上あくこともありました。痛みはありましたが生理痛程度。
眠れる間に休んだ方がいいと母親教室で聞いていたので眠れなくても布団に横になり目をつむって過ごすことにしました。

朝になり母親に相談して病院に電話をしましたが、初産だったので間隔が5分になってから病院に来てくださいと言われました。
そこから夕方までは大した痛みもなく、たまに痛みが来る程度。

普段通りに過ごせたのでご飯を食べたり、シャワーを浴びだり、病院に持っていく荷物をまとめたりして過ごしました。

痛みが綺麗に5~6分間隔になったのは晩御飯を食べ終わった頃でした。
痛みが来たときは痛くてじっと動かずやり過ごさないと耐えれなくなっていました。
夜でしたが病院に電話をして夜間診療へ。

病院に着いたらすぐに陣痛室に通されました。
子宮口は前回の検診の時から変わらず1cm。
助産師さんには朝までには生まれると思いますよと言われました。

そこから痛みはどんどんひどくなり、立ち会ってくれた主人や母、妹がかわるがわる腰をさすってくれたり、テニスボールで腰を抑えてくれたりとサポートしてくれました。
最初は快適な空調でしたが痛みがひどくなってからは汗だくに。
立ち会ってくれた家族がかわるがわるうちわで扇いでくれたり、水分を口に含ませてくれたのがとてもありがたかったです。

痛みに耐えていると突然風船が割れるような感覚がありました。
それから大量の水分が出ていく間隔。
破水しました。

すぐに助産師さんが駆けつけて、分娩室に移動することに。
分娩室に入ってから15分で生まれてくれた赤ちゃん。
とっても安産でした。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ