【妊娠線クリーム】NOCOR



岩手県北上市の斎藤産婦人科で出産した体験談

出産した病院を教えてください。

病院名:斎藤産婦人科
住所:  岩手県北上市 
電話番号:
サイト:

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

二人目の時は、妊娠中に何度も逆子になってしまうので、お腹をタオルとサラシで巻いてお腹を固定していました。急な動きをすると逆子になりやすいと言われ、ゆっくりと動いていました。上の子のお世話も最小限にして、頼れる所は主人や義母に頼みました。運転もなるべくしないで過ごしました。また冷えると逆子になりやすいと言われ、体を温めるように気を付けました。夏でも靴下を履いて足首を冷やさないようにしました。飲み物も温めて飲んでいました。

陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

4時間くらいです。

出産の体験談をお聞かせ下さい。

出産予定日の前夜、高位破水をしました。普通の破水とは違って、上の方から破水して少しずつ羊水が流れ出る状態です。そのまま病院に行って入院となりました。陣痛がくる様子は無かったので、とりあえず寝て様子を見ていました。朝になって陣痛が自然に来なかったら、促進剤を使うと先生に言われました。日付が変わった頃、急にお腹が痛くなり、お腹が下りました。

破水している事もあり、安静にしていなければいけず、トイレまで歩けませんでした。それで病室に簡易トイレを運んでもらい、そこで用を足していました。お腹が空っぽになる程、下っていました。上の子を産む時は浣腸をして出しましたが、二人目の時は自然にお産の準備が始まっていたのだと今は思います。

その後ベットで横になっていたら震えが始まりました。陣痛でした。上の子の時は陣痛促進剤を使ったので、二人目の時に陣痛が始まっても、よく分からない感じてした。1時あたりに本格的に陣痛が始まりました。分娩室に入ったら、他にも患者さんがいました。カーテンで仕切られていましたが、出産の一部始終、声で聞こえていました。陣痛の波があって、痛くない時は、割と冷静に他の患者さんのお産を応援していました。陣痛がきた時は痛いけれど、声を出すと力が入らないと聞いていたので歯をくいしばってタオルケットを引っ張っていました。

やっと他の患者さんのお産が終わり、自分のカーテンを開けてもらったら、私の状態を見た先生と助産師さんは、もう生まれると思ったみたいです。個人病院で、夜中のお産で先生と助産師さんが一人しかいなくて、少し心細かったです。と言うのも、一人目のお産は平日の日中だったので、先生の他に看護師さんと助産師さん、計6人に付き添ってもらって何とか産めたので。

しかし、やはり二人目だったのでいきむタイミングなどが分かっていて、割とすんなり産めたと思います。ちょっと力が足りず、助産師さんにお腹を押してもらって生む事ができました。一人目は2日ほどかかったので、二人目はすごく早く感じたし、回復が早かったです。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ