【妊娠線クリーム】NOCOR



岡本産婦人科医院(横浜市)で出産した体験談

出産した病院を教えてください。

病院名:岡本産婦人科医院
住所:神奈川県横浜市金沢区能見台通15-3  
電話番号:045-784-1703
サイト:http://www.okamoto-sanfujin.jp/sp/

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

8ヶ月までは仕事を続けていました。
立ち仕事で力仕事も多い職場でしたが、仕事を自分なりにセーブしつつも普通に働いていました。
あまりにも普通に働いていたので、上司を始め周囲の方々には心配されることも多かったのですが、何事も問題なく産休まで働き切ることができました。
幸いつわりも軽い方、しかも食べつわりだったので、よく仕事の合間に小さなおにぎりを食べていました。

その後、産休に入り実感に里帰りしました。
赤ちゃんが生まれて2ヶ月程は滞在するつもりだったので、必要なものはこの時期に買い揃えていました。

岡本産婦人科医院で陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

6時くらい。

岡本産婦人科医院で出産の体験談をお聞かせ下さい。

予定日からちょうど1週間、そろそろ生まれて欲しいと思っていた頃でした。

カレーを食べると陣痛が来る、というジンクスがあったので、その日は朝からカレーばかり食べていました。
その効果なのか、朝から眠くて仕方なかったので寝てばかりいました。

17時過ぎに、なんとなくお腹が痛くて目を覚ましました。
モヤモヤしたスッキリしない痛みで、とてもじゃないですが陣痛とは思えませんでした。
でも、これが前駆陣痛だったんですね。

横になったり、頻繁にトイレに行ったりしてましたが解決せず、夕食時に初めて母に相談したところ、陣痛ではないかと指摘されました。
軽い生理痛のような痛みが陣痛なわけがない、と先入観で思っていただけに、母の指摘に驚きました。

21時過ぎに初めて間隔を計ると、すでに10分を切っていました。
産院に連絡後、シャワーを浴びてから出発、到着は22時過ぎでした。

到着後、助産師さんの見立てでは翌朝明け方頃に産まれるだろう、との見立てでした。
夜勤に出ていた夫にもそのように伝えて、まだまだ時間もあるしのんびり過ごそうと思っていました。

ところが、どんどん痛くなってきて、間隔も短く、さらに何かを出したいと感じるようになったので、再び助産師さんを呼び出しました。
すると、もう産まれるとのことで、そのまま分娩室行きになりました。
何かを出したい=赤ちゃんが出たがっている、いきみたい、ということだったんです。

慌てて夫に電話しましたが、あまりにも痛く、陣痛と陣痛の間に話さなければいけなかったので会話するのも大変だった記憶があります。

分娩室に入って1時間程で生まれました。
いきみも3回くらいで、スルッと生まれてきてくれたので、助産師さんからもスピード安産と言われました。

あまりにも早かったため、夫の立会いは間に合いませんでしたが、生まれた直後に到着したので、分娩室での対面は叶いました。

出産後2日目、いきみを耐えていたからなのか陰部に血豆のようなものができてしまった為、それを手術で取り除きましたが、大きなトラブルなく出産できて本当に良かったです。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ