【妊娠線クリーム】NOCOR



鈴木レディースクリニック(鈴鹿市)で促進剤をいれて出産しました


出産した病院を教えてください。

病院名:鈴木レディースクリニック
住所:三重県鈴鹿市平野町7740-1
電話番号:059-370-5151
サイト:http://slc-mie.com/s/index.html

妊娠中はどのようにして過ごしていましたか?

妊娠初期はつわりがひどく、ほとんど何も口にできない状態でした。炭酸の飲み物を飲むと楽になったのでよく飲んでいました。4〜5ヶ月頃になるとだいぶつわりも治まり楽になってきました。

私は妊娠前からどちらかと言うと太っているほうだったので、なるべく体重を増やしすぎないように気をつけていました。食事を摂りすぎないようにし、体調がいい日には家の周りを散歩したりしていました。妊娠中期は赤ちゃんが逆子になり、逆子を直す体操をしたり処方された薬を服用していました。

鈴木レディースクリニックで陣痛がきて出産をするまで、どれくらい時間がかかりましたか?

出産をするまで陣痛があったのは4〜5時間ぐらいだったと思います。

鈴木レディースクリニックでの出産の体験談をお聞かせ下さい。

私は予定日が11月8日だったのですが、1週間を過ぎても出産の兆候がないので病院の先生と相談して入院することになりました。

朝の9時から入院をして、バルーンを入れました。バルーンを入れてからは特に陣痛もなかったので病室でテレビを見たり、旦那や母と会話をして過ごしていました。

お昼になると昼食が用意されていましたが、食欲がなかったのであまり食べることができませんでした。この頃から少しお腹が痛いかな?というぐらいの痛みを感じていました。

昼食が終わった頃に先生が用意を見に来てくださいました。そこで少し陣痛促進剤を入れることになりました。

陣痛促進剤を入れてからだんだん痛みが強くなってきました。1時間後ぐらいには我慢するのが辛いぐらいの痛みでした。

陣痛がきている間は横になっているよりも椅子に座っている方が楽だったので、病室にあった椅子に座ってもたれかかっていました。時々旦那に背中をさすってもらっていました。

助産師さんが子宮口の開き具合や陣痛を測定する機械を見てもうすぐ産まれそうということだったので、陣痛が治まっている間に分娩室に移動しました。

分娩室に入ってから分娩台に乗り、呼吸法などを教えてもらいました。先生が目を開けていきむようにと言っていたので、なるべく目を閉じないように頑張っていました。

途中で陣痛の波がきている間に会陰切開しました。陣痛のほうが痛くて全然痛みを感じませんでした。

陣痛を測定する機械を見ていると陣痛がくるタイミングがわかったのでずっと機械を見ていました。慣れてくるといきむタイミングもだんだんわかってきました。

分娩室に入ってから1時間ぐらいで産まれました。陣痛が始まってから4〜5時間で産まれました。自分ではもっと時間がかかっているように感じていたのでびっくりしました。

出産自体はスムーズに進み、産まれてきた赤ちゃんも健康で無事に産まれてきてくれました。出産後は会陰切開したところを縫ってもらい、その日は母子別室で休みました。

誘発分娩だったのでどうなるかと思っていましたが、問題なく進んでよかったです。朝からバルーンを入れたりはしていましたが、本格的に辛かったのは4〜5時間だったので自分では早く産まれたと感じています。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ