【妊娠線クリーム】NOCOR



東広島市の松田医院で出産した口コミ

病院名:松田医院

住所:広島県東広島市八本松町飯田101    

電話番号:082-428-0019

サイト:http://nttbj.itp.ne.jp/0824280019/index.html

出産予定日の前日、主人が里帰り中の広島県まで来てくれました。

普段からカラオケによく行っていたので、出産の兆候もなかったのでカラオケに行きました。

2・3時間歌った後、自宅に帰り、近所の散歩コースを主人と2人で歩いていたのですが、いつもよりもおなかがすぐに張ってしまい10分程度の散歩て帰宅することにしました。

帰宅後、もうすぐ生まれてくるわが子を迎える準備をし始め、ベッドを組み立てたり、入院準備の最終チェックを始めました。

せっかく主人が広島まで来てくれていたので、夜ご飯は陣痛がくるというジンクスのある焼肉を食べに行きました。

おなか一杯に食べて、オロナミンCを飲みながら自宅に帰りお風呂場で自分のおなかを見てびっくりしました。

焼肉のせいなのか?これが陣痛前におなかが下がるといわれているものなのか、おなかが突き出ているように感じました。

11時ごろには就寝したのですが、クーラーをかけているにもかかわらず、暑くて何度も夜中に目が覚めました。

2時間おきに起きてはトイレに行っていたのですが、4時に起きた時に尿意とは少し違うものを感じ、トイレに行きましたが

特に変わったことはなく、そのまま布団に入ったところ、シャーと尿漏れをした感覚になりました。

びっくりして、すぐにトイレに行って確認してみると、ピンク色の水がパンツにびっしょりついていました。

これが破水か!と思い、主人と母親を起こし、産婦人科に電話をしたところ、すぐに病院に来て下さいとのことでした。

病院について、すぐに入院となったのですが破水があるにも関わらず陣痛が来ないため、様子見となりました。

助産師さんに下の毛を剃られ、おなかに心音を図る機械をつけられて横になりました。

このころは、生理痛のような痛みと腰痛だけでした。

10時ごろにドクターの診察を受け、抗生物質の点滴と陣痛促進剤を1時間おきに飲むことになりました。

しかし、まだ子宮口が全く開いてないため、陣痛促進剤を使っても長丁場になるであろうと言われましたが、

11時から1時間おきに促進剤を飲み始め、徐々に促進剤飲むことさえしんどいくらいの陣痛が始まりました。

うなりから叫びに変わり、助産師さんに怒られ、本当に助産師さんは鬼だと思いました。

トイレ行くのも一苦労で、心音の機械つけるために寝返りすることさえもつらい状況でした。

16時ごろから10分おきの陣痛になり、やっと分娩台に乗せられ、いよいよいきみを開始しました。

ただ、最初は息が続かず、何度も息が漏れてしまい、いきみが短いと何度も怒られました。

しかし、途中からヤケになって長いいきみをしていたら、あれよあれよと赤ちゃんの頭が出てきました。

陣痛の痛みの方が痛すぎて、出産は汚い話・・・うんちが大量に出てくる感覚でした。

すぐに大きな産声を聞けてとてもうれしい気持ちでした。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ