【妊娠線クリーム】NOCOR



杉並区の河北総合病院で出産した口コミ

病院名:河北総合病院

住所:東京都杉並区阿佐谷北1−7−3

電話番号:0333392121

サイト:http://www.kawakita.or.jp/

妊娠中に東京都内の他市から杉並区に引っ越しをしました。私は持病があるため、出産時に万が一のことがあったらと思い、河北総合病院に転院することにしました。前の病院では男性の産科医だったのですが、ここでは女医さんが多く、担当してくれたのも出産経験のある女医さんだったので安心しました。また、看護師さんや保健師さんなどスタッフの方たちもとても優しかったです。

妊娠中は特に体の調子が悪くなることもなく、妊娠経過も順調で、予定日の三日前に陣痛がきました。そのときは、しばらくして治まったのですが、翌日、夜間に陣痛が始まり、朝には陣痛の間隔も短くなり、破水もしたことでタクシーで病院へ向かいました。

この日、お産ラッシュだったようで、陣痛室は満員でした。看護師さんから子宮口を見てもらい、待っている人たちの中で一番早く生まれそうだからと分娩室に案内されました。てっきり陣痛室で歩き回ったり、背中をさすってもらったりするもんだと思っていたのですが、まさかの分娩台へ直行でした。けっこうな高さの台の上で陣痛に耐えていたときは、まな板の上の魚になったような気分でした。

生まれそうだからと分娩台に乗せられたものの、私が出産するまでの間に隣の分娩室で2人も先に出産していました。いきみを促されたときに持病の腰痛が悪化し、「腰が痛いー!」と叫んでいたのを聞かれていたかと思うと恥ずかしかったです。

腰の痛みでいきめなくなってきた頃、陣痛促進剤を使うかという話が出ました。しかし、女医が「あと3回いきんでみましょう!」と言ってくれ、目標ができたことでがんばることができました。最後のほうは看護師さんが腹の上に乗り、医師がお股をグリグリするという予想外の状況になっていました。

私はド近眼なのですが、分娩中は危ないからと眼鏡を外されていました。カンガルーケアを希望していたので、子どもが出てきたときには「これで抱ける!」と思ったのですが、スルーされました。生まれ出た我が子は泣かなかったし、ド近眼の目で見たところ体が紫色になっているように見え、一瞬にして顔が強張りました。

まさかと思った瞬間、「…ホギャア」とか細い声が聞こえました。そのときに感動と安堵の涙が出てきたことを今でも覚えています。眼鏡をかけて見た我が子はとても小さく、体もピンク色になっていました。医師の話によるところ、へその緒が少し絡まっていたのとのことでした。吸引して出たのがあの小さな産声だったのです。

その後、腰痛悪化のため、しばらく母に手伝ってもらいながら育児をしました。3000gに満たない体で生まれてきた娘も今は2歳半になりました。この産院では産声を録音するのですが、娘はそんなに大きな声を出すことがなかったので、看護師さんにこちょこちょをされたりして出した声を録音しました。これを娘に聞かせると、照れくさそうに笑っています。ママのところに来てくれてありがとうと言う気持ちは、今も変わりません。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ