【妊娠線クリーム】NOCOR



千葉県銚子市島田総合病院で出産した口コミ

“病院名:島田総合病院

住所: 千葉県銚子市東町5−3  

電話番号:0479−22−5401

サイト:http://www.shimada-hsp.or.jp/

私が初めて妊娠をしたのは、高校を卒業し就職してから2年目の19歳の時でした。

当時の私は妊娠や避妊の知識が乏しく、まだ未婚でしたし、予想外の妊娠だったのです。

もともと生理不順でしたので少し遅れる位の事はよくあったのですが、私の場合つわりが始まるのが早くて体調が悪い日が続いた事で

「もしかして、、?」と疑いはじめました。

体がだるくて熱っぽく、胸が生理の時よりも張ってる感じがしました。それでも初めは、風邪でもひいたのだろうと軽く考えていましたが、

当時すでに妊娠していた会社の先輩から妊娠検査薬を渡されました。

私は使ったことがなかったのですが、尿をかけるがけだからすぐ調べておいでと言われるがまま仕事の休憩中にトイレへ向かいました。

そしてくっきりと陽性の反応が出たのです。私はびっくりして午後の仕事は手がつかない状態でした。

すぐ病院へ行き診察を受けたところ妊娠6週との事でした。

驚きと喜びと不安がいっきに押し寄せてきましたが、新しい命が宿っているんだと思うとやはり純粋に嬉しかったのです。

それからインターネットや雑誌などで妊娠についてたくさん調べました。

まだ19歳、本当になんの知識もなかったのです。

15週くらいまでは食べづわりに悩まされました。口に食べ物を入れていないと気持ちが悪くて、仕事中はフリスクや飴などでなんとかごまかしていましたが、

仕事が終わるとひたすら食べ続けていました。

もちろん体重は増え続け、病院の先生からこっぴどく怒られてしまいました。

それからは仕事が終わってからウォーキングしに行ったり、体を動かすように意識しました。

妊娠中は体が疲れやすくて毎日とはいきませんが、自分のできる範囲で少しづつ地道に頑張りました。

そのお陰なのか、なんの問題もなく妊娠経過は順調に進んでいきました。

つわりも辛かったですが、お腹が大きくなってくると日常生活の中でもやはり不便な事が多々でてくるのです。

私は臨月直前まで仕事をしていたのですが、立ちっぱなしの業務だったので夕方に近づくとお腹は張るし、忙しくて人に頼めない時は重たい物も持たなくてはいけなくて

産休に入るまではだいぶ無理をしてしまっていました。今思えば、なんの問題も起きなかった事に本当に感謝します。

今は妊婦さんでもぎりぎりまで働いている方も多いかと思います。

妊娠しているからと言って業務を変えてもらったり、配慮される事に気が引けて、私のように無理をしている方も多いと思います。

でも、何よりもお腹の赤ちゃんの為に、あまり頑張りすぎず、周りに上手に甘えてくださいね。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ