【妊娠線クリーム】NOCOR



札幌みらいクリニックで安産だった体験談

病院名:札幌みらいクリニック

住所:北海道札幌市清田区平岡1条5丁目3-8   

電話番号:011-885-1100

サイト:http://sapporo-mirai.jp/”

出産予定日よりも5日ほど早い日の夕方、トイレに行ったら突然の出血。きれいな血が結構な量出ました。

「これは!とうとう来たか!」とわくわくするような怖いような、不思議な気持ちになりながらも病院に連絡してみたところ、「診察するので、とりあえず準備をして来てください」と言われたので、急いで夜ごはんを食べ、入院準備はほとんどしていたので荷物を持って、病院へ。

すると「おしるしで間違いないけれど、まだ陣痛ではないね〜」という診断。確かに、お腹の痛みはあるけれど、よく聞く10分間隔で、というのではない。

そこで一旦家に帰り、シャワーを浴びて、さぁ寝よう・・・と思ったら、そのときくらいから10-15分間隔で例の痛みがやってきました。

痛い時間は短いし、痛みも我慢出来ないほどではなかったものの、なかなかの痛み・・・。もちろん、寝られない・・・。

そのまま横になり続けたけれど、一睡もすることが出来ず、痛みが来るたびに携帯の時間を見て間隔をはかり、朝方、母が起き出した頃に自分も起き上がる。もうちょっと我慢出来れば良かったのだけれど、限界で、思わずうめき声も出てしまい・・・それが5時くらい。

で、痛みの合間に準備をして、母の運転で病院に向かいました。あまりうめくと母が心配するので、車の中では大人しく。そして最後の最後で転ばないように(真冬の北海道は雪が積もっています)なんとか病院までたどり着き、そのまま入院。

無事に病院に着けたことで安心し、最初は陣痛の痛みがきているときはともかく、痛みが消えている間は余裕で看護師さんと楽しくおしゃべりをしていたり、お腹が空いて母にパンを食べさせてもらったりしていたのですが、そのうちどうにもならなくなってきて・・・。

助産師さんがさすったり押したりしているのですが、痛みのピークの時はそんなの全然効かなくて、最後のほうは「痛いーもう嫌だー」と思いっきり叫んでいた私。あとから母や姉に「受付まで聞こえてたよ、恥ずかしい」と言われました。そんなこと言われても・・・と当時は思いましたが、確かに、ちょっと叫びすぎていたかもしれません。2回目があれば!もう大丈夫だと思うのですが。

結局破水は自然にはせず(出来ず?)助産師さんが膜を破ってくれたようです。一気に温かい液体が出てきて驚きました。そしてそのあとにようやく子宮口が全開になり、結局朝の6時過ぎくらいに入院し、出産したのは13時過ぎでした。初産婦にしてはお産は軽いほうだったよ、と言われましたが、私にとっては十分重かったです。

でも産まれてきた子供はサルみたいだけれどかわいいし、身体は軽くてもう痛みもないし、終わってしまえばもっと出産を楽しめばよかったな〜なんて、終わったからこそ、そう思います。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ