【妊娠線クリーム】NOCOR



千葉県銚子市島田総合病院で2人目を出産した体験談

島田総合病院

住所:千葉県銚子市東町5−3   

電話番号:0479−22−5401

サイト:http://www.shimada-hsp.or.jp/”

“私には可愛い息子が二人います。長男は20歳の時、次男は22歳の時に出産しました。

これは私が次男を妊娠、出産した時の体験談です。

次男の妊娠がわかった時、長男はまだ1歳を少し過ぎたところでした。初めての子育てに奮闘する中、運よく二人目もすぐ授かる事ができて、私はラッキーでした。

長男は歩くようになってお話もできるようになって、可愛い盛りでしたので「こんな大事な存在が、もう一人増えるんだなぁ」としみじみと幸せを感じていたのです。

でも長男の時と同様、妊娠が発覚するとすぐに辛いつわりが待っていました。長男の時は食べづわりだけだったのですが、次男の時は食べづわりと吐きづわりが交互にやってきました。匂いづわりもあって、生ごみや食べ物の匂い、シャンプーや洗剤の匂いまで苦手になり常にマスクをつけていました。

仕事を続けていたのですが、きつい香水をつけている女性がたくさんいたので本当に辛かったです。マスクだけでは効果がなくなり、メンソールのクリームなどをマスクの内側にたくさん塗りたくり、なんとか乗り切りました。

自分だけ辛いのならまだいいのですが、2人目の妊娠となると当然子育て真っ最中です。せっかく天気が良くても、つわり中は長男を公園に連れていってあげたり、なかなか

相手になってあげられずに可哀相な思いをさせてしまった事が一番私にとって辛かったかもしれません。

出産の時期に近づいてくると、長男の時よりも緊張しました。

どんな痛みだったかは忘れてしまったけど、すっごく痛かった事は覚えているからです。

また、一人目よりも二人目の方がお産の進みが早いと先生に言われていたので、毎日のように「今日くるかな、いつくるんだろう」とそわそわしていました。

予定日になってもまだ陣痛がこなかったので、坂道をいつもよりも多く歩いたり、家の階段を往復したりたくさん動きました。

入院準備も、私が入院中の長男の支度ももうばっちりでした。

結局陣痛が始まったのが予定日の3日後の夕方でした。初めは下っ腹がきゅうっとするような痛みで、でもすぐにやみます。

その弱い痛みが定期的にやってきたのですぐに病院へ連絡し向かいました。

やはり長男の時よりも痛みが強くなるのが早かったです。病院へついたのが夜の7時半で、生まれたのが10時30分の超安産でした。

でもやはりあの痛みは他には比べようがない痛みです。女の人って本当に強いです。

そして長男そっくりな次男と無事対面できました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ