【妊娠線クリーム】NOCOR



松阪市南産婦人科で出産した口コミ

“病院名:南産婦人科

住所:松阪市下村町1041

電話番号:0598−29−2020

サイト:http://www.minami-sanfujinka.com/” “出産直前までの妊婦健診では、お医者さんにも助産師さんにも「子宮口がやわらかいね!これは安産タイプだね〜」と言われていた私。

母親も超スピード安産であったため、私も安産に違いない!もしかしたら半日くらいで産めるかも?と勝手に思い込んでいました。

そしてある日の朝いよいよ、陣痛らしき腹痛がきました。次第に10分おきになったため、病院に行きました。すると不思議と陣痛が遠のいていきました。

「病院にくると安心して陣痛が弱まることはよくあるよ。もうすこし家で様子をみてください。何かあったらすぐに来てくださいね」との医師からの指導があったため、家にもどりました。その間も8〜15分間隔で結構な痛みがあり、もしかしたら微弱陣痛かも?と思い耐えていました。

次の日、陣痛の10分間隔が続いたため、その日の夕方病院に再度向かいました。内診してもらうと、「うーん、子宮口1センチかな。入院しましょう。」と言われました。

こんなに痛いのに、まだ1センチ・・・?と途方にくれました。それから病院で陣痛に耐えつつ、寝るにも寝られず、病室で朝まで過ごしました。

朝になり内診をしてもらうと、子宮口8センチまで開いていました。ここまで、入院してから14時間かかってる・・・もうすぐ産める、終わると思い耐えていました。

しかし、寝ていなかったためか、陣痛の合間に意識がとぶようになりました。

助産師さんは「寝てしまうと陣痛が弱まることもあるのですが、今は体力が大事なので寝られるならば寝てください」と言っていたため、寝ようとしましたがすぐに陣痛がくるため寝られません。

そしてしばらくして内診をしてもらいました。子宮口9センチのところにきましたが、同時に陣痛が弱まってしまいました。睡眠もとらず、食事もとれなかったため体力がなくなってきたからだと思います。NSTのグラフの振れ幅がどんどんなくなり、こんなに痛いのに・・・早く産みたい!とまるで生き地獄のようでした。

結局子宮口9センチになってから6時間経過したのち、陣痛も再来し、やっと子宮口が全開になりました。

分娩室に連れていかれ「もういきんでもいいですよ」と言われた一言で救われた気分でした。そこからは陣痛の痛みにまかせて思い切りいきみました。

陣痛の痛みに比べれば産むときの痛みなど気持ちいいくらいでした。

分娩室に入ってから10分ほどですぐ娘が産まれました。

泣き声がきけるか、生きているかだけが心配でしたが、無事元気な泣き声を出してくれました。

夫も私も感動して泣きました。

そこからは後処理をしてもらい、すこし下が裂けてしまった為縫ってもらいましたが、そんな痛みなどへでもありませんでした。

むしろ産んだ達成感と娘に会えた幸せでぼうぜんとしていました。

産まれてきた娘はもう5ヶ月になりますが、本当に目に入れても痛くないくらい可愛いです。

陣痛は大変でしたが、女に生まれて、出産を経験できてよかったと思います。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ