【妊娠線クリーム】NOCOR



京都市中京区の足立病院で出産した口コミ

“病院名:足立病院

住所:〒604-0837 京都市中京区東洞院通り二条下ル   

電話番号:075-221-7431

サイト:http://www.adachi-hospital.com/” “妊娠中も仕事を続けており、片道75分の通勤道を大きなお腹を抱えてがんばりました。電車に40分程度乗るのですが、なかなかゆずってくれる方はおらず、大変だった時もあるのですが、つわりも短く、なんとか乗り切れました。

つわりは食べづわりで、今まで食べたこともないようなものが食べたくなりました。私の場合は、あまり好きではないたこ焼きとカップ焼きそばが無償に食べたくなり、不思議がりながらコンビニに走る、という経験を何度もしました。

女性に優しい会社であったこともあり、産休は十分にとらせてもらえました。里帰り出産をしたのですが、実家の家族と久しぶりにゆっくりと過ごすことができ、社会人人生において貴重な経験をさせてもらえたと思い、とても感謝しています。

初産だったこともあり、出産予定日を1週間すぎても産まれませんでした。羊水が少なくなってきており、自然に陣痛が来るのを待っていると危険、ということで、バルーンと陣痛促進剤を使い、計画的に陣痛をおこすことに。入院初日にバルーンを入れても、全く陣痛は来ず、2日目から促進剤を打つことに。

促進剤は朝から打たなければならないようで、2日目の朝から天敵をうち、かつ、胎児の状態によっては即、帝王切開になるかもしれない、ということで、ご飯は抜き。夕方ごろまで天敵で促進剤を打ち続けたのですが、かなりきつい陣痛は来るものの、全く出てくる様子はなく、3日目の促進剤が決定。

促進剤でおこす陣痛はかなりきつくて、本当に地獄の痛みでしたので、帝王切開を希望したものの、ベテラン助産師さんの華麗な誘導により、引き続き促進剤で陣痛を起こし続けました。夕方頃ようやく赤ちゃんがおりてきて、なんとか分娩台にのぼることができました。分娩台にのぼってからは、通常通りの時間の小一時間で陣痛が進み、無事に出産することができました。

足立病院は関西でも有数の出産取り扱い数をほこっており、ベテランの助産師さんの手厚いフォローアップがあり、とても安心して陣痛と出産を経験することができました。また、足立病院は食事がとてもおいしいこともすごく嬉しいです。

お部屋もきれいでひろく、完全に個室です。有料のオプションを選べば、ツインベッドの部屋や、個室にバスタブつきのお風呂がある部屋なども選べますし、なにより、食事を運んでくれるスタッフの方や部屋を掃除してくれるスタッフの方までも、妊娠・出産に詳しい方で優しい女性が勢ぞろいされているので、本当に心身ともに癒されました。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ