【妊娠線クリーム】NOCOR



横浜市の堀病院で出産した口コミ

病院名:堀病院

住所:神奈川県横浜市瀬谷区二ツ橋町292

電話番号:045-391-2561

サイト:http://www.hori-h.or.jp/”

“妊娠が分かったのは去年の12月。主人と大喜びでした。つわりも始まっていたので早々に会社に報告、事務でしたので仕事に支障はなく毎日過ごしておりました。初めての妊娠は流産したので今回は慎重に無理せずおおらかに過ごすことを目標にしていました。思ったよりつわりはなくピーク時には数回吐きましたが、赤ちゃんのためとがんばって乗り越えました。妊娠初期はただただだるく眠くてたまりませんでした。何度仕事中に眠りそうになったことか。一度トイレで寝ました。笑

妊娠中期になるとつわりもなく食べる日々、先生にはここでがんばらないと体重は増える一方だよと念を押されました。会社までは30分ほど歩くのでウォーキングは出来てましたが食べる量がはるかに超えてました。

妊娠後期になるとお腹が重くなり動きがいっそう鈍くなりました。むくみがひどく朝も昼も夜もパンパンでした。主人にマッサージをしてもらい乗り切りました。臨月の時には靴紐も結べずしゃがむのが辛く、便秘が悪化し痔になりカンジタ症にもなり散々でした。結局体重は16キロ増えました。さすがに怒られました。

予定日になっても産まれず予定日3日越えて検診に行った際、まさかの定期的な陣痛がきてますよとの診断。自覚症状なしです…このまま入院しますかと問われ入院。一夜過ごしましたがいい陣痛がこず次の日帰ってよいと言われ帰宅。

次の日朝7:00頃破水しました。最初はおしっこかと思いましたが自分の意思では止められなかったので破水と判断。病院へ行き、破水してると確認が取れ入院。少しずつ陣痛がきはじめ15:00頃ピークを迎えました。この頃主人も到着。しかし赤ちゃんは下りてこずまだ産めないとのこと。ただ産んでもよいほどの陣痛で息も荒く赤ちゃんの心拍が落ちてきたとのことで、緊急帝王切開になるかもしれないと言われました。正直早くしてくれと思いましたが、結局陣痛鎮痛剤を打たれピークを過ぎました。

ただただ耐える時間19:00になってもまだ赤ちゃんはおりてこず陣痛はひどくなるばかり、帝王切開になるかもしれないので夕飯は取らずにと言われましたがこの痛みで夕飯なんで無理と思いました。23:00頃陣痛のピークがきました。子宮口は8センチくらいだが分娩室へ行きましょうとなりました。2時間ほどがんばりましたが産まれず陣痛も弱まり一旦落ち着きましょうと…よなか3:00もう生まれないんじゃないかと心がおれまくり、ただただ陣痛に耐え赤ちゃんが降りてきますように願うばかり、7:00になり陣痛促進剤を使いましょうと判断。もう体力限界で死にたいのに生きてる生き地獄でした。私の体力が限界を向かえ息遣いがおかしくなり赤ちゃんの心拍が低下し始めたとのこと。吸引分娩になりますと言われ看護師さん6人ほどに羽交い絞めにされ器具を入れられ、思いっきりいきんでようやく出産8:30でした。産声を聞いたときには感動と安心感で泣いてしまいました。出産時間21時間40分。元気な女の子でした。出産は人生で一番幸せな瞬間です。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ