【妊娠線クリーム】NOCOR



東條ウィメンズホスピタル(横浜市港南区)で出産した体験談

病院名:東條ウィメンズホスピタル
住所:神奈川県横浜市港南区丸山台2-34-7   
電話番号:045-843-1121
サイト:http://www.tojowomens.com/

妊娠した時は週3回のパートをしていました。女性ばかりの小さな職場だったので、何かと気を使ってもらえました。
私はつわりがひどかったです。5、6週の早い時期からつわりが始まり、16週くらいまで嘔吐がありました。

それでも、無遅刻無欠席で最後9ヶ月の退職まで頑張りました。
つわり中、仕事に行くことはしんどかったですが、仕事をしていて気がまぎれたのも事実です。
とても理解のある職場だったので、気持ちが悪くなったらトイレに行ったり、奥で何か口に入れたりしていました。

基本は立ち仕事でしたが、つわり中からお腹が大きくなってしんどくなるまでなるべく座って仕事をしていました。
今思えば本当に理解のある職場で助かったなあと思います。

つわりが終わり安定期に入ると、マタニティビクスを始めました。
産院でしているクラスなので、レッスンの前に助産師さんが心拍や血圧をみてくれて安心でした。
マタニティビクスと言っても、かなりハードに動いていて、妊婦ってこんなに動いていいんだと思いました。

また、地域でしているマタニティヨガもしました。
こちらも現役の助産師さんが講師をしていたので、出産によいポーズや体作りを教えてもらいました。
実際に出産時に気を付けること、母乳育児の仕方なども教えてもらえ、とても勉強になりました。

後期は特によく歩きました。
30分かけて買い物に行ったり、1日2回買い物に行ったり、歩く用事を作っていました。

仕事は電車通勤でしたが、一駅歩いて行くようにしていました。
このおかげで下半身が強くなったと思います。

体重管理は特に気を使っていませんでした。
つわりが長かったのであまり体重が増えなかったのです。
それでも臨月は毎日のように増えました。

予定日の健診で、推定3000gでまだ下りてきていないと聞いて内心焦りました。
そこで、その日に1時間ほど歩きました。

すると、その日の夜に陣痛が来ました。
最初はいつもの前駆陣痛かなと思いましたが、何度目かの痛みの時に出血があったので病院に電話しました。

すると、「初産なのでまだまだだからゆっくり来てください」と言われました。
ところが、病院に着くと立っていられないほどになっていました。

やっとの思いで分娩室に行き内診をしてもらうと、そのまま出産になりました。
助産師さんもバタバタで、着いてきてくれた夫も陣痛室で待ちぼうけでした。

結果的には初産で3時間の超安産でした。
これは、妊娠中に体作りをした結果だと思います。
出産も初めてでしたが、助産師さんにいろいろ聞いてイメージはできていたのでスムーズでした。

しかし、スピード出産は休む暇がないので、ずっと全力疾走をしているようなものです。
怒涛の一夜だったなあという感想です。

絶対妊娠線を作りたくない方へ


妊娠線は一度できると2度と消えることはありません。
妊娠線予防は、専用のクリームで肌を保湿することが重要です。

妊娠初期から予防ケアを始めましょう!!



妊娠線クリーム比較表


1位:ベルタマザークリーム



ベルタマザークリームは、最も保湿効果が高く、妊娠線を最強に予防できる人気No.1クリームです。

ベタつかず伸びがよく、5種類のオーガニック成分配合で敏感肌の方もOKなのも人気の理由です。



2位:NOCORクリーム


NOCORクリームは、すでにできた妊娠線を消す効果がある、唯一のクリームです。

すでに妊娠線や肉割れがある方には、こちらがおすすめです。



3位:女性100人の声から生まれたマタニティクリーム



女性100人の声から生まれたマタニティクリームは、高品質な妊娠線クリームの中で、1本2800円と最も値段が安くリーズナブルなクリームです。



このページの先頭へ